Departmant of Fasion Creative ファッションクリエイティブ学科

デザイナーコース[3年制] / テキスタイルコース[3年制] / パタンナーコース[3年制] /
オートクチュール・コスチュームコース[3年制] / 服飾基礎コース[2年制]

学びのプロセス

デザインと制作のスキルを高い次元で習得。世界で立った一着の服を作れるクリエーターへ。デザインと制作のスキルを高い次元で習得。世界で立った一着の服を作れるクリエーターへ。

1年半かけてデザイン画の描き方からデザインの発想法、さらには製図、縫製まで、服づくりの基本的な知識・技術を広く習得。そのうえで専門的な知識・技術をしっかりと身につける「デザイン」 「パターン」 「テキスタイル」 「オートクチュールコース」の4つのコースに分かれます。また2年で服づくりの基礎から実践で役立つ技術を身につけられる「服飾基礎コース」もあります。世界で一着の服をつくるクリエーターの育成をめざす学科です。

取得を目指す資格(一例)
  • A・F・T色彩検定(3・2・1級)※
  • パターンメーキング技術検定(3・2・1級)※
  • 洋裁技術検定(初級・中級・上級)※
  • ドレメ式洋裁学校教員認定(3・2・1級)※
  • ファッション色彩能力検定(3・2級)
  • カラーコーディネーター検定(3・2・1級)
  • ファッションビジネス能力検定(3・2・1級)
  • ファッション販売能力検定(3・2級)
  • ビジネス能力検定[B検](3・2・1級)
  • 専修学校教員資格認定

※正規授業で検定対策を行っている資格。

1年次

基礎

ファッションに関する基礎知識だけでなく、デザイン、パターン、縫製など、服づくりの基本となるテクニックを1年かけてじっくりと習得。
2年次

専 門 + 基 礎

幅広い学びの中から自分の適性や能力に合った分野を見つけ出し、専門的な学びをスタートさせます。
3年次

専 門

アパレルデザイン、テキスタイル、パターン、オートクチュール製作の技術。専門的に学びを深め、プロで通用する技術を身につけます。

※学科・コースの編成は場合により変更することがあります。

コースの主な取り組み

デザイナーコース

アパレル企業のデザイナーをめざす

商品だけでなく、さまざまなデザインの描き方・表現方法を学習。売れる服の企画・デザイン提案、マーケティングも勉強します。デザイン力だけでなく発想力、時代を読む力を備えた企業デザイナーやマーチャンダイザーをめざします。

主要カリキュラム
  • アパレルデザイン
  • アパレル商品企画
  • テキスタイルデザイン
  • キッズデザイン
  • コンピューターグラフィックス

テキスタイルコース

企画・生産部門に携わる技術者をめざす

CGデータを作成し、オリジナルプリントを表現する最新技術を習得。さらに、染めや織りなど、京都ならではの伝統技術も学習。自分の世界観を布から表現するチカラを養い、染色職人やテキスタイルデザイナーをめざします。

主要カリキュラム
  • アテキスタイルデザイン
  • テキスタイル商品企画
  • アパレルデザイン
  • 染色・織実習
  • コンピューターグラフィックス
  • アパレル素材知識

パタンナーコース

企画・生産部門に携わる技術者をめざす

フラットパターンやドレーピング、CADパターンなど、さまざまなパターンテクニックに加え、最先端の縫製技術も習得。アパレルの生産現場で求められる技術・知識を身につけ、企業パタンナーやプロダクトマネージャーをめざします。

主要カリキュラム
  • フラットパターンメーキング
  • キッズパターンメーキング
  • CADパターンメーキング
  • アパレル裁縫
  • 工業用パターンメーキング
  • 生産管理

オートクチュール・
コスチュームコース

高度な縫製技術の追求をめざす

高度な縫製技術を学び、美しい服づくりを追求。舞台コスチュームやウエディングドレスなど、世界にひとつだけのコスチュームを制作するための技術も学びます。ウエディング、舞台衣装などのデザイナーやソウアーをめざします。

主要カリキュラム
  • クチュールデザイン
  • マーケットリサーチ
  • コンピューターグラフィックス
  • ファッションデザイン
  • アパレル商品企画
  • アパレル素材・商品知識

服飾基礎コース

最短でファッション業界デビューをめざす

1年次に習得した知識・技術を徹底的に強化します。幅広いアイテムを制作する中で、あらゆる素材にふれ、デザインや縫製、パターンメイキングの応用力を習得。就職に向け、実践で役立つ基礎技術を身につけます。

主要カリキュラム
  • フラットパターンメーキング
  • マーケットリサーチ
  • カラーコーディネート
  • ファッションデザイン
  • テクニカルソーイング
  • アパレル素材・商品知識

主なカリキュラム

  • ファッションデザイン

    ファッションデザイン

    デザインの基礎理論を学び、発想訓練を繰り返すことで、本物のクリエイティブ力を養成。学外コンテストの入賞に向け、独創性も養います。
  • カラーコーディネート

    カラーコーディネート

    色彩の理論的な学習と配色・イメージにあったカラーコーディネートを習得。デザイン・服づくりに生かします。
  • フラットパターンメーキング

    フラットパターンメーキング

    原型制作を通じてパターンメーキングの基礎的な考え方を習得。細部のデザイン、美しいシルエットを表現するための感覚も養います。
  • アパレル商品企画

    アパレル商品企画

    デザインの基礎理論を学び、発想訓練を繰り返すことで、本物のクリエイティブ力を養成。学外コンテストの入賞に向け、独創性も養います。
  • テクニカルソーイング

    テクニカルソーイング

    ブラウス、スカート、ワンピース、ジャケットなどの作品作りを通し、服飾造形の基礎的な知識・技術を習得します。
  • ドレーピング

    ドレーピング

    ボディに直接布を当てながら、立体状で形を作り出す技術を習得。造形力と表現力を養います。
  • CADパターンメーキング

    CADパターンメーキング

    CADの基本操作からパターン展開、グレーディングなどアパレル企業で求められる技術を習得します。
  • コンピューターグラフィックス

    コンピューターグラフィックス

    コンピューターの基本的な操作方法を学び、着彩やその他の加工方法などファッションデザインのために必要な技術を身につけます。
時間割紹介
(例:1年次前期)

※この他、就職活動対策、ビジネスマナー、一般教養、
校外学習、企業研修、ヨーロッパ研修などがあります。

Works

Student’s Voice

学んだ縫製の技術がプロの現場で
どこまで通用するか早く試したい!

服づくりの仕事を営む祖母に憧れ、同じ道に進むことを決意。入学当初は「服を作りたい」というぼんやりとした想いしかなく、夢が見つかったのは入学後にテクニカルソーイングの授業を経験してからでした。この授業で自分の努力が仕上がりに反映される縫製にのめりこんだことが、ソウアー(縫製技術者)としての内定につながりました!

早藤 彩乃さん
旧ファッションプロダクション科 2年
滋賀県立国際情報高等学校出身

Teacher’s Voice

自分の好きなことを見つけ
伸ばせるよう、
とことん指導・サポートします。

自分の適性は実際に学んでみないとわからないもの。だから、入学から1年半かけて服づくり全般を学べるカリキュラムを用意しています。指導する際には、デザインセンスや素材選び、縫製、色合わせなど、一人ひとりの得意分野を見つけ、輝かせられるように心がけています。この学科で学べば、自分の個性を服で表現できるチカラが身につきます。

佐々木 啓子先生
ファッションクリエイティブ学科担当

ページ上部へ
閉じる