学びのプロセス

雑貨に関する知識・技術をトータルに学習。企画から製作、販売まで、めざす分野のプロフェッショナルへ。

ファッション雑貨の製図、素材加工やデザイン、製作にとどまらず、商品を魅力的に見せるためのディスプレイ、インターネットを使用した販売の方法など売るためのテクニックまでトータルに学習し、自分に合った分野を見つけることができます。雑貨を通して人をしあわせにし、自分自身もしあわせを感じられる人へと成長することができます。

取得を目指す資格(一例)
  • A・F・T色彩検定(3・2・1級)※
  • ファッション販売能力検定(3・2・1級)
  • ファッション色彩能力検定(3・2・1級)
  • カラーコーディネーター検定(3・2・1級)
  • ファッションビジネス能力検定(3・2・1級)
  • ビジネス能力検定[B検](3・2・1級)
  • 専修学校教員資格認定

※正規授業で検定対策を行っている資格。

1年次

基 礎 + 専 門

ファッション雑貨やカバン、帽子、アクセサリー、雑貨小物など、アイテム別に製作技術やクリエイティブ力を習得。さらに、売れる商品づくりのアイデアの出し方や、作った商品を店頭やインターネットで販売する方法など、トータルで学ぶことができます。幅広い学びを経験するなかで、自分に合った職種を見つけ出します。
主要カリキュラム
  • メーキングテクニックⅠ(カバン)
  • メーキングテクニックⅡ(帽子)
  • メーキングテクニックⅢ(ファッションアクセサリー)
  • メーキングテクニックⅣ(雑貨小物)
  • ファッションデザイン
  • カラーコーディネート
  • インターネット販売基礎
2年次

専 門

1年次に学んだ雑貨アイテムの基本をもとに、革カバンや彫金、アクセサリー、フェルト帽子など、より高度な製作技術を学習。ファッション雑貨を作製するアトリエや工場も見学します。さらに、オリジナルブランドを各自がもち、そのイメージに合った布地の柄をデザインして商品を製作・販売する授業もあります。
主要カリキュラム
  • メーキングテクニックⅠ(カバン)
  • メーキングテクニックⅡ(帽子)
  • メーキングテクニックⅢ(ファッションアクセサリー)
  • メーキングテクニックⅣ(雑貨小物)
  • ファッションデザイン
  • カラーコーディネート
  • テキスタイルデザイン

※学科・コースの編成は場合により変更することがあります。

主なカリキュラム

  • メーキングテクニックⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

    メーキングテクニックⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

    カバン、帽子、ファッションアクセサリー、小物雑貨の知識を身につけるため、さまざまな素材、副資材の特性に加え、製図・縫製・加工の技術、雑貨の構造なども学びます。
  • テキスタイルデザイン

    テキスタイルデザイン

    オリジナルの商品をデザインするうえで欠かせない生地の柄のデザインをPC(Illustrator)で表現する技術を学びます。
  • インターネット販売

    インターネット販売

    商品をインターネットで販売する方法やサイト内のフレーズやコピーを考え、検索にかかりやすい方法等を学びます。
  • ファッションデザイン

    ファッションデザイン

    雑貨デザインの基礎理論を学び、発想の練習を繰り返すことで、素材の特性を生かしたデザインの発想方法を習得します。
時間割紹介
(例:1年次前期)

※この他、就職活動対策、ビジネスマナー、一般教養、
校外学習、企業研修、ヨーロッパ研修などがあります。

Works

Student’s Voice

授業で最初に作ったアクセサリーは
私にとって一生の宝物です!

姉も母も祖母も洋服販売のプロで、私の目標。みんなに近づきたいと思い、大好きな雑貨を学べる学科に入りました。入学後はデザインから製作、販売まで、雑貨に関する知識・技術を習得。また、コーディネーションの授業で「きれい」「かわいい」などのセンスを磨けて、「ジュエリーの販売員」という夢も見つかりました。

片山 未緒さん
ファッションザッカプロデュース学科 1年
京都府立城陽高等学校出身

Teacher’s Voice

「雑貨のブランドを立ち上げたい」
という人にぴったりの学科です。

カバン、帽子、アクセサリーなど、いろいろな雑貨について学べて、そのなかから自分が本当に興味のあるものを見つけることができます。私はディーズの卒業生で、学生にとって先輩でもあります。だから学生と同じ目線で向き合い、学生が理解できるまで全力でサポートするように心がけています。「雑貨が好き」という気持ちのある人、ぜひ一緒に学びましょう。

松田 維子先生
ファッションザッカプロデュース学科担当

ページ上部へ